人気なマンション不動産を、賢く売却しよう。

マンションを買取するメリットを理解しておこう

その歴史

マンションの歴史は意外にも新しくこの国で大きく広がったのは高度経済成長期ごろです。この時期はあらゆる産業が成長しておりこれは不動産関係においても例外ではありませんでした。 当時はこれから土地の価格が上がると予想されていたので投資家がマンションを購入することが頻繁にありました。さらに時代は進みバブル全盛期になると土地が高くて購入できないこともあり、一時的にマンション建設は減少していきます。 やがてバブルが崩壊するとバブル前に買った投資家が大損することとなり、マンション経営の難しさを知ることになったのです。 バブル期は全国的に土地の価格が下がっていますが、それでも都心部や駅前などでは土地の価格が上昇する傾向にあります。

では、今後のマンション売却はどのようになるでしょうか。都心部や駅前を除けば、マンションを購入しても地価が上がらないため売却をするのが難しくなります。 そうなると投資としてマンションを売却するのはほとんど駅前や都心部に限られてしまいます。 マンションを売却するときに注意したいのが、高値で購入したいと言う不動産会社です。不動産会社は最初は高値で売りに出しますが、得ることが難しいと判断した場合には価格を下げて行きます。価格が下がり続けるとその価格が投資家の予想を下回ることがあります。 結局売買が成立した時には投資家は損をしていると言うことが頻繁に起こります。これはそもそも不動産会社に高値で売却する意思はあまりなく、マンションを先に確保したいと言う理由から高値を提示すると言われています。今後もこのようなやり取りが行われることが考えられますので注意をしましょう。

Copyright© 2015 人気なマンション不動産を、賢く売却しよう。 All Rights Reserved.